最近のエントリー

カテゴリー

アーカイブ

検索


Powered by

2009年5月 2日

日曜大工/カメラ/

防湿庫 ED-55CDB

温暖化も進み、湿度の高い日々が間もなく・・・
十数年前、何本かのレンズをカビでおしゃかにした記憶が。
ついに、防湿庫の登場です。
防湿庫 東洋リビング ED-55CDB
左)東洋リビング ED-55CDB です。
  内容量 55L 三段式の小型防湿庫 電気代は1円/1日だそうです。
右)レンズ収納用の、波型パット付きです。
左)心臓部の、光触媒機能付 電子ドライユニット。
  原理は、乾燥材に湿気を吸収させ、それをヒーターで熱して
  その湿気を背面から庫外へ排出させます。
  光触媒は、「脱臭・抗菌・防カビ・クリーニング(浄化)の効果が」っと。
右)背面は、湿気を排出させる口がこんな感じに。
  約6時間毎に、作動するとの事です。
防湿庫用棚
さっそく、防湿庫用の棚を制作です。
奥行 35cm 幅 40cm 高さ 120cm の棚にします。
左)35cm 幅の板を揃えます。
右)こんな感じに、切断。
棚板の接続は、L字金具を使用します。
あらかじめ、側面の板に全てビス止め。
直角を出して、棚板も接合します。
左)背面は、強度確保も兼ね、ベニヤ板を打ち付けます。
  上部は、湿気排出用に若干隙間を残します。
右)傷防止に、足にはフェルトを。
左)横にある段ボールが、防湿庫輸送用の箱です。
右)こんな感じで、機材を湿気から守り続けます。

取説によると、10年以上使用する事が前提のようです。
購入価格は、アマゾンで32,00円程度。
へーベル同様ロングライフのようです。
by e-river.

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)